G-MASTER ULTIMATE PERFORMANCE PARTS

D1 GRAND PRIXで活躍するトップドリフター、黒井敦史と川畑真人。
シルビアを極めたこの2人が、更なるドリフトアングルとポテンシャルアップを求めてテストにテストを重ね、機能だけではなくハードな実戦にも耐えうる強度も確保させた究極のナックルを完成させました。
切れ角アップだけではなくロールセンターも補正する事で、 ステアリングにダイレクトに応えるクイックな挙動になり、ドリフトのみならずグリップ走行においてもタイムアップの強力な武器となります。

ロールセンターとは? 今まででは効果的に調整する事が困難だったシルビア系のフロントロールセンター。これを専用設計のスーパーナックルで補正させる事で、本来のサスペンション性能を発揮する事ができます。純正ナックルに比べ、車の挙動がクイックになり、よりダイレクトなステアリングフィールに変化します。
切れ角アップのしくみ ステアリングラックとタイロッドの間に装着するアダプター&スペーサーと、 ナックルのタイロッド取り付けアームのオフセット化の相乗効果により、ノーマルに比べ大幅なステアリング切れ角アップを実現します。
逆関節状態とは? タイロッド取り付けアームをオフセットし、角度を適正化する事でフルカウンター時のタイロッドの逆間接状態を防止。ハンドルの引っかかりやタイロッドの曲がりを防ぎます。
アッカーマンアングルとは? 工ナックル等ではアッカーマンアングルがノーマルと異なり、操舵中にハンドルの重さが変化したり接地感覚が変わったりするなど、ノーマルとの違和感がありましたが、スーパーナックルではノーマルと同じアッカーマンアングルに設計していますので、ハンドルの重さ等操作感覚はノーマルと同じです。
強度アップ 従来の加工ナックルは、一度純正アームを切断し、角度や長さを変えたうえで再度溶接を行っていますので、強度面での不安がありましたが、 スーパーナックルは専用設計の鋳型にて鋳造し、尚且つ各部の厚みを純正よりも厚くする事で純正を超える強度を確保しています。
スーパーナックルキット

■廃盤製品■


 
PageTop↑